シミ消し化粧品は、どれがいい?

シミ消し化粧品は、どれがいい?
シミ消し化粧品は、どれがいい? > 化粧品について > シミ消し化粧品は、美白成分で選ぶべし!

シミ消し化粧品は、美白成分で選ぶべし!


0eaaf0d02b9630e7cda6a6609150d274_s

シミ対策の化粧品は、数えきれないほどたくさん存在します。どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。シミ対策の化粧品を選ぶ際に重要となるのは、美白成分。

各メーカーが独自に開発した最新の成分をアピールしているものも多いのですが、厚生労働省認可の美白成分が配合されているものを選びましょう。

厚生労働省が認めている安心の美白成分の代表的なものには、次のようなものがあります。

●ビタミン C誘導体
不安定なビタミンCの安定性を高め、肌の奥まで浸透しやすくした成分。シミの予防と還元作用があるため、できる前のシミとできてしまったシミのどちらにも有効です。
●アルブチン
メラニンの生成を抑制する働きのある成分。美白の即効性はありませんがシミ予防には効果的。肌トラブルの心配もなく、敏感肌でも安心して使える成分です。
●カモミラET
ハーブの一種、カモミールの葉が原料。メラニンを生成する細胞やメラノサイトの働きを抑制する効果があります。
●トラネキサム酸
アミノ酸の一種。メラノサイトを活性化する情報伝達物質を遮ることでメラニンの生成をブロックする成分です。
●T-AMCHA
大豆や卵黄から抽出される成分。メラノサイトに指令を出す情報伝達物質の生成をブロックする働きがあります。
●リノール酸
紅花油から抽出される成分。メラニンを生成するチロシナーゼを分解する働きで、メラニン生成を抑制します。
●プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出される成分。チロシナーゼの働きを抑制することでメラニン生成を抑えます。
●エラグ酸
いちごから発見された、ポリフェノールの一種。メラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制します。